上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EOS40D添付ソフトのEOS Utilityでリモート撮影を試みました。

モデルは、食後仮眠中の愛猫スイカ。

EOS Utilityは、絞り・フォーカス・ISO・ホワイトバランス・測光方式・露出補正などをPCからコントロールできる優れものです。
ライブビュー機能があるので、詳細なピントをモニターで確認しながら撮影できます。
三脚が手元に無かったので、カメラを地べたに置いてライブビューを確認しながら画角調整。
被写体ぶれを前提に連写で撮影しました。もちろんノーフラッシュ、補助光無しです。

シャッター音を嫌がってか、度々スクリーンからはみ出してくれたのでなかなかうまい具合に撮影できませんでしたが、静物撮影にはかなり使える機能だと感じました。


写真1



写真2



写真2の等倍切抜


-写真1撮影データ-
 Canon EOS 40D 1秒 F6.3 ISO200 EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM 83mm

-写真2撮影データ-
 Canon EOS 40D 0.5秒 F6.3 ISO200 EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM 38.0 mm
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pentaro2.blog78.fc2.com/tb.php/45-50538d40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。