上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、金沢21世紀美術館の「artificial heart:川崎和男展」に行ってきました。

「市民美術の日」ということで、なんと入場は無料でした。
知らずに行ったのでラッキーです。

川崎和男さんは、日本を代表するインダストリアルデザイナーで、私も愛用しているEIZOのモニターデザインも手がけ手いる他、人工臓器、メガネ、インテリア用品、コンピュータ、車椅子など、さまざまなデザイン分野で活躍されているスゴーイお方です。

工業デザインの作品群なので、アートアートした向きが好きな方にはお勧めできませんが、工業デザインに興味がある方でしたら行ってみる価値有りだと思います。

川崎和男展


とかなんとかいいつつ、私が金沢21世紀美術館で一番の気に入っているのはタレルの部屋です。
屋根の真ん中がぽっかり開いていて空が見える部屋なんですが、部屋の周囲にあるベンチに腰掛け、空を見上げていると不思議と落ち着いた気持ちになって居ついてしまいます。

タレルの部屋
タレルの部屋


金沢21世紀美術館
 http://www.kanazawa21.jp/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pentaro2.blog78.fc2.com/tb.php/25-17d17239
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。