上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.07 石川門
金沢城の成立や沿革はウィキペディアでもごらんいただくとして、撮影した写真をUPしていきます。

今回UPするのは石川門です。
石川県で最も有名な観光地である兼六園側から金沢城へ入る箇所に設けられている門で、金沢城を紹介するものには必ずと言っていいほど使われ、金沢城の顔のような存在になっています。
本来の正面入り口ともいうべき大手門は、石垣のみが残され、門としては現存していませんので、搦め手門である石川門が金沢城の正面入り口のようになっています。

石川橋と石川門
兼六園側から見た石川門

石川門は、桝型門という門に分類されます。
一つ目の門をくぐると石垣に囲まれた四角形の狭い空間があって、90度折れた面に二つ目の門があります。二つ目の門の前で足止めをくらった相手を、周囲の櫓から鉄砲などで迎え撃つため、高い防御力を有していました。
兼六園側にあるのが高麗門(一の門)、城側にあるのが櫓門(二の門)です。

石川門一の門
高麗門
石川門二の門
櫓門
石川門櫓
高麗門に隣接する櫓
石川門櫓2
櫓門から見た櫓
一の門門扉
高麗門の門扉につけられた鉄製の錨
二の門門扉
櫓門門扉
二の門の軒
櫓門の軒

撮影機材
CASIO EX-Z600

撮影場所 Mapion
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pentaro2.blog78.fc2.com/tb.php/17-78524c19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。